2016年09月21日

コンペ入賞のお知らせ(佐藤研究室)



コンペ入賞のお知らせです。

2016年度支部共通事業 日本建築学会設計競技「残余空間に発見する建築」において、佐藤研究室の宮嶋悠輔君、濱嶋杜人君、谷 醒龍君、門口稚奈さんのグループ作品『内と外を繋ぐ壁(まちとうみをつなぐみち)』が東北支部入選し、合わせてタジマ奨励賞を受賞しました。
タジマ奨励賞とは、タジマ建築教育振興基金により、支部入選作品の中から、準会員の個人またはグループを対象に10点以内に授与されるものです。


satoken0921.jpg

satoken092102.jpg


posted by 管理者 at 15:29| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業生の活躍(浜原・福井研究室)


卒業生受賞のお知らせです

浜原・福井研究室を今年度3月に修士修了した学生さんが、修論テーマで以下のように表彰されました。

受賞名:日本建築学会2016年大会(九州)
    プレストレストコンクリート(PC)構造部門 若手優秀発表
氏 名:山ア 祐輝
題 目:異形PC鋼棒を用いたPCaPC部材のせん断終局強度推定式に対するパラメトリックスタディ


プレストレストコンクリート(PC)構造運営委員会のページにて審査結果が公表されております。

受賞掲示HP:http://news-sv.aij.or.jp/kouzou/s16/

posted by 管理者 at 13:40| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

熊本地震災害報告会(構造系懇談会開催のお知らせ)

桜門建築会 第3回構造系懇談会開催のお知らせ


平成28年度第3回構造系懇談会を開催いたします。

 熊本地震被害報告の第2弾です。今回の地震被害の特徴は、二つの断層沿いの地盤変状と切り離しては語れないところがあります。
 また、耐震言参断の結果、耐震補強した建物や、免制震建物の被害状況など、設計にかかわる皆さんにとっては関心のあるところかと拝察します。
 今回の構造系懇談会では、現地調査を行った3人の教員により下記の内容で被害の状況を紹介します。

◆講演題目 「2016年熊本地震災害報告-2」

◆講演者及び講演内容
1.山田雅一 (建築学科 教授):地盤変状と建物被害
2.北嶋圭二 (海洋建築工学科 教授):各種耐震補強した建物の被害状況
3.中西三和 (海洋建築工学科 特任教授):歴史的建造物(石橋)等の被害

◆開催日時  平成28年9月15日(木)18:00〜19:00(受付17:30)
◆会 場   理工学部駿河台校舎1号館122会議室
◆参加費   無料


※参加を希望される方は,準備の都合がありますので,平成28年9月13日(火)までにご連絡ください。

連絡先:日本大学理工学部海洋建築工学科 中西 三和
〒274-8501船橋市習志野台7-24-1
E-mail:nakanishi.mitsukazu@nihon-u.ac.jp
TEL・FAX:047-469-5385

posted by 管理者 at 16:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする