2015年06月30日

当学科学生の活躍


6月6日、7日 学芸課程を受講の学生さんが、岡谷蚕糸博物館でボランティア活動を行いました。
学芸員課程の伊豆原教員の引率の下、当学科からは2年生小川拓麻さんが参加しました。
※学芸員課程で所定の科目を履修し、単位を修得して卒業すると学芸員資格が取得できます。

この活動につきまして6月10日岡谷市民新聞に掲載された記事を添付します。


岡谷市民新聞.jpg


posted by 管理者 at 16:10| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

卒業生の活躍

 昨年度3月当学科(佐藤研究室)卒業の堤昭文さんが、 5月31日(日)に行われた「第38回レモン展ー学生設計優秀作品展ー」において、レモン賞(ベスト10の賞)を受賞しました。堤さんは「デザインレビュー2015」において最優秀賞を受賞し、続けての受賞になります。

作品タイトル 故郷の星憬 −福岡県八女市星野村における村の保全計画−

http://blog.lemon.co.jp/2015/06/38.html


 
posted by 管理者 at 12:22| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

書籍出版のお知らせ (北嶋准教授)

 2015年5月30日、丸善出版から日本建築学会編の『東日本大震災合同調査報告 建築編1 鉄筋コンクリート造建築物』(B5版、DVD付き、10,000円+税)が刊行されました。日本建築学会構造委員会鉄筋コンクリート構造運営委員会(本学科、北嶋准教授が委員)が主体となり実施した被害調査記録です。
 耐震診断や耐震補強が実施ずみで設計の詳細や材料強度が明らかにされている多数の建物事例について、強震動による実際の損傷レベルが検証されたのははじめてのことであり、詳細な個別調査結果は貴重な記録となっています。

北嶋准教授は「制震構法による補強建物の被害形態」の執筆を担当しました。

IMG_0014.jpg


posted by 管理者 at 11:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする