2016年07月27日

受賞のお知らせ(浜原・福井研)

受賞のお知らせです。

今年3月大学院修了の卒業生2名が日本コンクリート工学会の年次論文奨励賞を受賞しましたので、お知らせします。

年次論文奨励賞
 大川 峻(飛島建設(株),浜原・福井研OB)
 「PC造骨組の復元力特性に関する研究」(2015年度修士論文)

年次論文奨励賞
 櫻井 琢巳((株)クロスファクトリー,浜原・福井研OB)
 「多数回繰り返し曲げせん断を受けるプレキャストPC柱圧着継目の摩擦係数に関する実験的研究」(2015年度修士論文)

年次大会の公式ツイッターで速報されました。

日本コンクリート工学会大会公式ツイッター:
  https://twitter.com/App1Jci/status/751296398935502849/photo/1

posted by 管理者 at 11:43| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

受賞のお知らせ(桜井教授・菅原助手)

受賞のお知らせ(桜井教授・菅原助手)です

当学科教員が日本沿岸域学会において以下の各賞を受賞しましたのでお知らせいたします。

受賞者:桜井 慎一 教授(ウォーターフロント都市工学研究室)
受賞名:日本沿岸域学会論文賞
受賞テーマ:教訓を後世に伝承する津波碑の保存整備に関する研究

[日本沿岸域学会のコメント]
全国に現存する118基の津波教訓碑に赴き調査整理し貴重な情報を提供するとともに教訓碑の市民認知を向上させる解決策を提案した社会的な意義が高い研究であり、5年前に東北地方太平洋地震に伴う津波により多大な被害を受けた今、時宜を得た沿岸域研究への貢献が大きい有用な論文であると認められます。

受賞者:桜井 慎一 教授(ウォーターフロント都市工学研究室)
受賞名:日本海洋工学会JAMSTEC中西賞
[日本沿岸域学会のコメント]
未知なる海洋の自然を解き明かす新たな課題に取り組まれ、海洋工学の発展と技術の進展に寄与する顕著な業績をあげられたことに対して、その功績を讃えます。

受賞者:菅原 遼 助手(親水工学研究室)
受賞名:日本沿岸域学会論文奨励賞
受賞テーマ:都心部の水辺の社会実験に見る事業スキームに関する研究

[日本沿岸域学会のコメント]
河川敷地占用に関する規制緩和措置に基づいて10の大都市都心部河川で実施されている「水辺の社会実験」の事業スキームを判り易く整理し比較評価を行ったものであり、独創性と社会的な有用性が高いとともに水辺の研究及び空間設計・計画に対して有用な示唆に富んでおり、今後とも一層この領域での研究を継続し発展されることを期待します。




posted by 管理者 at 16:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

たてやま海まちフェスタのご案内(山本研究室)

沿岸地域計画学研究室(山本研究室)では、研究テーマでもあるユニバーサルな海辺のまちづくりという観点から、誰もが安心安全に海の快適性を享受できるプレジャーヨット「アクセスディンギー」普及のための社会実験(体験乗船会)を、例年「たてやま海まちフェスタ」で実施しています。今年も7月30日(土)10:00〜15:00まで、「“渚の駅”たてやま」に隣接した水産実習岩壁にて体験乗船会を行いますので奮って御参加ください。
 暑い夏の一日を美しい館山の海で過ごしてみてはいかがですか。

下記PDFファイルもご覧ください。
海まちフェスタ2016.pdf

(専任講師 山本一清)
posted by 管理者 at 16:32| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする