2017年04月05日

受賞のお知らせ(居駒・惠藤研究室)

3月27-30日に浙江大学で開催された国際会議PACON(Pacific Congress on Marine Science and Technology)において、当学科の居駒知樹教授、惠藤浩朗准教授、居駒・惠藤研究室の学生5名が研究発表を行いました。

さらに、大学院後期課程三年生・村田さんと大学院前期課程一年生・石橋さんの2名が「the Best Student Presentation Award」に選出されました!おめでとうございます!

尚、受賞学生の発表研究タイトルは下記の通りです。(助教:菅原)

村田:A Fundamental Study on the Drifting Countermeasure of Work Barge by Mooring System in Tsunami

石橋:A Study on the Damage of a Drifting Ship Caused by a Tsunami after the Implementation of The Shimizu Port Harbor Renovation Plan


pa2017-1.jpg

pa2017-2.jpg

posted by 管理者 at 11:58| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

日本建築学会特別調査委員会採択のお知らせ

新宮清志名誉教授は、工学院大学・後藤治教授、三重大学・花里利一教授、早稲田大学・長谷見雄二教授とともに、日本建築学会に2017年度開始特別調査委員会設置提案書を提出していたところ、「歴史的価値を有する大規模木造宿泊施設の安全性能確保特別調査委員会」が採択された。新宮名誉教授が委員長予定で、調査研究期間は2年間、本委員会委員は16名、傘下に4個の小委員会が設けられることになっている。
目的は、歴史的・文化的価値を有する大規模な木造宿泊施設が、法の求める安全性を確保しつつ、歴史的・文化的価値を継承できる方法を、法規・構造・防火・計画の各面から、さらに学際的・総合的に調査研究し、それを実現するためのガイドライン(案)を示すことである。
posted by 管理者 at 14:28| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

卒業設計展2016開催のお知らせ


卒業設計展2016開催のお知らせです

1月30日(月)〜2月4日(土)の期間、船橋キャンパス12号館4階にて海洋建築工学科の「卒業設計展2016」が開催されます。

ご都合の宜しい方は是非とも足を運んで頂けると幸いです。(助手:菅原)

SS1.jpg

posted by 管理者 at 16:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする